ワリとスグに


tomの音楽と猫の気まぐれ日記です
by tomtomov
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
Link
最新のトラックバック
from モグモグ食べたい!
Theピーズカーニバル、..
from Theピーズカーニバル”とり..
野音のThe ピーズ
from ruffy_tuffy_Life
最終日
from Joyful LIFE
2.08 Cheap T..
from 明日を拓く

ごきげんブルマー♪

↑ヤバイ これそうとう気に入った!(笑)

ちゅー事でFACTORYのCS放送レポをしましょうかね
ライヴレポと違ってテレビだと全てが書けるので
むしろ難しいですね^^;
テレビを見ながらトークをそのままレポ出来るほどの打法を持っていないので
1度紙に書いてみたのですが こりゃ長くなりそうですぞぅ
恐らく読みづらくなると思うので、あまり突っ込みは入れず(いらないって 笑)
トーク中心で書いていきます。




※100%完璧なものではありませんのでご了承下さいませ
ハルくん=ハ アビさん=ア しんちゃん=し 加藤さん=加 由実ちゃん=由
になってます。

ハ 「今年も宜しくお願いします」
加 「いやいや本年も宜しくお願いします。」
加 「年賀状のやり取りしたいくらいイイ ライヴだったよぅ!」
ハ 「年賀状? やりとり? わっかんないすねー 今年もよろしくです」
加 「あーよろしくぅー」  ハハハハハハ
加 「テレビに出る時は結構イイTシャツ着てんだね〜」
ハ 「これ? もちろんですよー お、おろしたてですよ」 きっとウソだ(笑)
ア 「大変なんですよ。 誰がどれ着るっつんでね」
加 「でも全部カブってないじゃん」
し 「これはまた違うんですよ…(古いグッズTeeを着てる)まぁ全部ピーズの宣伝ですね」
ア 「良く言えば宣伝です。 ツアーにTシャツ持っていかないですからね〜」
加 「(物販が)おー大事だよね! 今のロックを生き抜くには物販が大事だね」
ハ 「そー物販ありきだから」
−一同爆笑−
ハ 「そうそうそうそう!物販であがって来てるから」
加 「俺もそれを目標にしてるから(笑)」

=======================================
加 「アビさん今日は良いギター弾いてたねぇ〜 時々キャロルを思わせるようなね」
ア 「あっ!加藤さんにこんな事言われたの生まれて初めてですね〜」
にんまり笑顔でちょっと照れてるアビさん
加 「いつも感じてるよー こういう古いギター弾ける人、最近いなくなちゃったから」
ハ 「ふ、古い?」
ア 「えーーー 古いぃ?」  にんまりから真顔に戻るアビさん
加 「いやイイ意味だよ! こうなんていうかR&Bなね…」
ハ 「マイナーでもメジャーでもどっちでもいけるみたいなね」
加 「そーそーそー! マイナーかメジャーかを決めるのは君(ハル)のベースしだいみたいなね」
ハ 「もう明るいか暗いかは聞いてる人の気分でね」
由 「今日はいかがでしたか?」  やっと由実ちゃんが入って来た(笑)
ハ 「今日はもうピカピカよ〜ピカピカ!もうもう ホント…」
と、ここでいきなり由実ちゃんを見て
ハ 「か〜わ〜いぃ〜ねぇ〜ぇ」   こらこら完全にオッサンですよ〜(笑)
−一同爆笑−
加 「ちょっとちょっとー場所間違えてるぞぅ!」
ハ 「ウハハ〜 ウハハ〜 嬉しいなぁ〜 何もかも嬉しいなぁ〜♪」
−ブハハハハハハハハ−

=======================================
由 「来年、20周年ですよね? 2007年に20周年て事ですよね?」
ハ 「そうですねー 来年ハタチになります 成人式ですね」
加 「ウソつけぇ!この前『赤羽39』ってアルバム出して で、厄年でしょ?」
ア 「前厄ですねー」
加 「もうイイ事ないね(笑)」
ハ 「いや、そんな事ないですよ 40になったらこんなんで鼻もかめますよ」
と、持っていたタオルで本当に鼻をかむハルくん(笑)
加 「俺にとって赤羽を歌にしてくれる自体がロックなんだよな」
ハ 「でも、多分自分らが行ってるとか言うと若い人が行かなくなってしまうから、もう内緒にしましょう。この話。 赤羽でふくらまさなくてイイです」
ハ 「俺らこれからは六本木よ!六本木40どう?」
加 「六本木に40歳は…どうよ?」
ア 「演歌くさいな それも」
ハ 「六本木40だね ♪この街は広すぎるぅ〜(六本木心中を歌い出す)」
加 「あっ六本木心中ね うまいねぇ〜」
ハ 「あっ は〜  うまいねぇ〜」ハハハハ

由 「『赤羽39』のコンセプトとかあるんですか?」
ハ 「もう住所と年齢だけで勝負しようかなと思いまして… ちゅーか去年のレコードだから、今年はまた新しいの出来たらまた来るから その時にね。 ね。」
と、今度は加藤さんの背中を見て
ハ 「あっゴミついてますよ」って背中のゴミを取ってあげた(笑)
話をうまくそらしてるのかスなのかさっぱり分りません^^;


ココまででだいたい3分の2くらいですかね?
最初はハルくんにしては?普通に喋ってたと思うんですが
時間が経つにつれて、いつものハルくんがどんどん現れてくるのですよ
なので文章にするのが難しいですわ^^;
みんな同時にバラバラの事喋ったりもしてたしね(笑)
でもハルくんはかなりご機嫌な感じに見えましたよ
では読みづらいと思いますので続きはパート2にて…
 
[PR]
by tomtomov | 2006-02-24 03:01 | Theピーズ
<< ファクトリィ〜2!! にゃんにゃんにゃん >>


ライフログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧