ワリとスグに


tomの音楽と猫の気まぐれ日記です
by tomtomov
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
Link
最新のトラックバック
from モグモグ食べたい!
Theピーズカーニバル、..
from Theピーズカーニバル”とり..
野音のThe ピーズ
from ruffy_tuffy_Life
最終日
from Joyful LIFE
2.08 Cheap T..
from 明日を拓く

夢なのか現実なのか

そういえば忘れかけてた幼い頃の不思議な出来事を突然思い出した。
別の事を書こうと思ったけど、せっかく思い出したから書いてみよう!
でも、これを前に会社の先輩に言ったらめちゃめちゃ笑われたんだよね
だから読みたい人だけ読んでみて下さい。

なぁ〜んて言うとスルー出来ないよね〜 ハハハハハ

じゃあ『日本昔話』を信じる人は読んで下さい。
又はUFOとかオバケとかを信じる人など…






あれは4才くらいの出来事だったでしょうか
親戚の家の新築祝いに家族で行った時の話しであります。
親戚の新しいお家はお庭に芝生が青々と茂っていて
当時、芝生のお庭なんて見た事のない私は
同じ歳くらいのYちゃんと大はしゃぎで、ずっと芝生で遊んでいました。

初めての芝生は気持が良くてコロコロ寝転んだり、走り回ったり
時々芝生を抜いてみたり(コラッ 笑)
すると、一匹の小さいカエルがピョ〜ンとやって来た
「そら捕まえろ!」と転がっていた空の植木鉢を持って追いかけた
スポッとカエルに植木鉢をかぶせたつもりが誤ってつぶしてしまった…
でもココが子供の恐いところ。
キャハハハハハ〜死んじゃったよぅ〜 キャハハハハハ〜
全く動じる事もなく、次なる獲物を見つけたりしてた(恐ろしい子だ)
しばらくして私は母親に呼ばれ、死んだカエルはほっぽらかしてその日は帰った

それから数日後の夕方、近所のお寺で友達と遊んで一人で家に帰る途中
何やら後ろに殺気を感じた。
振返ってみると、ナント!物凄くどでかいカエルが私の後ろにいたのである!!
それはウシガエルとかの大きさじゃなくて体長100mくらいあるであろう
見上げるほどの怪獣級の巨大カエルだったのです!! ひょえ〜〜
そしてその巨大カエルが私に「なぜ殺したぁ〜 なぜ殺したぁ〜」って言うの
私はすぐに、あの日の事だ!と分かって
「ゴメンなさい!ゴメンなさい!もうカエルは殺しません!!」と必死に謝った
恐くて目をつぶったまま謝っていたんだけど、しばらくして目をそっと開けると
巨大カエルがピョ〜ン、ピョ〜ンて去って行ってる姿が見えました。

とまぁこんな事があったのですが、当時は本当に恐かったもんで
家に帰ってもこの話しは絶対に誰にもしなかったの
で、大人になって会社の人達と旅行に行って恐い話し大会をしてる時に
フッと思い出してこの話しを真剣にしたのです。
ですが「なぁ〜にそれ!ただの夢じゃ〜ん」と笑い飛ばされました
ん?夢なのか?そうだったのか? いやいやいやいや夢なんかじゃないよぅ!!
あの巨大カエルと遭遇した場所も、姿も声もはっきり覚えてるも〜ん
でも何を言っても「そんな話しあるわけない!」と終いにはバカ呼ばわりされる始末

それ以来この話しは自分の中で封印してしまったのだけど
なぜか急にさっき思い出してしまった。
二十数年経った今でも、ど〜〜〜しても夢だったと思えない
考えてみれば、この世の中そんな事があるわけない!って私も思うけど
でもやっぱり巨大カエルのカエル様はいたんだよぅ
う〜ん う〜ん…


という作り話しでも何でもないtomの幼い頃の不思議な体験のお話しでした。
みんなにバカ呼ばわりされたって私は信じ続けるぞ! ちくしょーめっ
少なくともあれ以来、私は生き物にも大切な命があるんだという事を学びました。

信じるも信じないもあなた次第であります フフフフ
最後まで読んで下さった方がいるのならありがとうございます。
でもtomはアホじゃないよ(笑)
[PR]
by tomtomov | 2006-03-12 04:01 | たわごと
<< 取ったどぉーーーー 風呂ロック >>


ライフログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧